我が家の猫

我が家の猫パート1

最近は空前の猫ブームであり、動物番組などでも猫を取り上げる事が多くなってきました。

 

私の住んでいる地域では、毎週金曜日の夕方頃にローカル番組が入るのですが、
その番組のコーナーでは『あおねご』という猫特集を取り上げています。

 

県内で飼われている猫たちの面白い行動や可愛さなどを紹介するというもので、
私の家族も毎週楽しみに見ています。

 

そんな大人気な猫ですが、私の家にも猫を2匹飼っています。

 

どちらもオスで、今年で5歳と3歳になります。名前は、5歳の猫がちゃちゃ、
3歳の猫がしゃこと申します。

 

2匹とも仲が良く、小さい頃はよくケンカをしたりしましたが、今ではお互いの
毛づくろいをしたり、寒い時はくっついて一緒に寝たりしています。

 

その様子を見ながら、私たち家族はいつも癒されております。

 

今回は、そんなうちの猫たちの可愛らしいしぐさなどを軽くご紹介したいと思います。

 

まずは、ちゃちゃの方から。ちゃちゃは茶トラ猫で、仔猫の頃に動物愛護センターから
譲り受けた猫でした。

 

非常に穏やかな性格で、しつこくちょっかいを出したり、爪を切ったり、急に抱っこなどを
しても絶対に引っ掻いたりしない性格です。

 

そんなちゃちゃですが、抱っこをした時に必ずする行動があります。

 

それは、抱っこをした人の顔を近づかせないために両手を上げるポーズをとるのです。

 

抱っこをすると、やはり愛着が湧くので、つい猫肌に触れたくなるのです。

 

そのため、顔を近づかせようとするのですが、ちゃちゃはそれがどうやら嫌いらしく、
手で私の顔を押さえ付けてくるのです。

 

しかも、結構力が強いのです。

 

一旦離れて、また顔を近づかせても、やはり顔が押さえつけられます。

 

やはり男どうしだからでしょうか。

 

相手が可愛い女の子だったら、違う行動を取るかもしれません。ちゃちゃめ。

 

また、毎日夜の22時頃になると、ほぼ必ず私の目の前に来て「にゃー、にゃー」と
私の顔を見ながら鳴きまくるのです。

 

私たち家族は通称『ペシペシ』と呼んでいるのですが、どうやらちゃちゃはお尻を
軽く連打されるのが気持ち良いらしく、22時頃になるとそれを求めて「にゃー、にゃー」と
鳴くようなのです。

 

なので、ちゃちゃを横にさせ、お尻を軽くペシペシ叩いてあげると、喉をゴロゴロ鳴らしながら、
気持ちよさそうに前足を動かしたりします。

 

我が家では、寝る前にちゃちゃをペシペシするのが日課となっております。