キャットフードのランキング

おすすめ!キャットフードランキング!

キャットフード,ランキング,おすすめ

愛猫に20年は生きてほしいと思いませんか??

 

仕事から帰ってくると『ニャオ♪』と鳴いて、チョコチョコと
近づいてきて、体を足にこすり付けてくる愛猫が可愛くて仕方が
ないと感じませんか^^

 

本当に1日の疲れが吹っ飛びます♪♪

 

そして、あのドライな性格や仕草が最高なんですよね。

 

自然体で家族に接してくれる愛猫もれっきとした家族で、1日でも
長く生きてほしいと家族みんなが望んでいて思っています。

 

でも、人とは違い長く生きたとしても14歳前後と言われいてる
ようですが、そんな中でも20年くらい生きる猫もいるようです。

 

実は、長生きする猫には共通点があり、私たちも意識すれば
病気も患わずに元気に過ごすことができるかもしれないのです。

 

その方法や共通点ってなんだと思いますか?

 

それが分かればすぐにでも試してみたいですよね^^

 

こんな食材や食品は絶対に与えてはダメ!

キャットフード,ランキング,おすすめ

食卓や台所に無造作に置かれている食材や食品の中には
猫が食べてはいけないものがたくさんあります…。

 

それらを食べてもすぐに死んでしまうわけではありませんが、
中毒や消化不良を起こしてしまうものもあります。

 

少しくらい良いだろうと思わず、愛猫のためにも絶対に
与えないようにしてくださいね。

 

それでは、そんな食材と食品を一部ですが紹介させていただきます。

 

・玉ねぎ
・ネギ
・ニラ
・ニンニク

 

などで、これらの食材を猫が食べてしまうと酸素を運ぶ役割を
担っている赤血球が壊されてしまいます。

 

これが猫にとって良い事だとは思わないはずです(;^_^A

 

その他には、チョコレートに含まれているカカオの成分
『テオブロミン』が多くの神経が通っている中枢神経を
刺激し猫に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

これらの食材や食品は、食べてもすぐに症状が現れるワケでは
ないので、もし食べたと思ったら病院に連れていき診察してもらう
ようにしてくださいね。

 

もちろん、これらは長生きにさせる事ができるのではなく、
体調を崩したり急死を防ぐだけの知識です。

 

では、どうすれば長生きできるようになるのでしょうか?

 

キャットフードの選び方とは!?

キャットフード,ランキング,おすすめ

ネコ好きなあなたなら、与えてはいけない食材や食品はご存知
かもしれませんね^^

 

でも、一番気を付けてほしいのは毎日食べさせている
キャットフードなのです…。

 

あなたは、愛猫のためにどのようなキャットフードを
与えていますか?

 

ペットショップやホームセンターでは所狭しとキャットフードが
並べてあります^^

 

ライフステージに合わせたものや、魚や鶏肉、牛肉などを中心に
したものや、ドライ・ウエットといった水分量を調節してあるもの
カロリーを抑えたものなど様々。

 

特に消化や栄養を考えてライフステージを考えて、購入している
飼い主さんが多いかもしれませんね^^

 

しかし、それだけでは猫を長生きさせることはできないのです!

 

というのも市販のキャットフードには、私たちが聞いたら
腰を抜かしてしまうような食材がたくさん使用されているのです…。

キャットフード,ランキング,おすすめ

 

病気で死んでしまった鳥、牛、豚や、食品メーカーで廃棄処分された
野菜…というような粗悪な食材に添加物をバッサバサと入れて
加工しキャットフードを作り出しています(;^_^A

 

よ〜く考えてみてください…。

 

ペットショップに山ずみされたキャットフードの賞味期限は、
短くても1年長くて数年もあるのですよ!

 

『キャットフードだから大丈夫でしょ!』とか絶対に
思わないでくださいね( ;∀;)

 

食べ物であるフードが腐らずに賞味期限がそこまで長いという事は
信じられないくらいの防腐剤や添加物、食いつきが良くなる
ように香料などが入っています。

 

ただでさえ、良質ではない食材で作られているのに、それに加えて
そんなものが入っていたら、猫が病気にならないはずがありません!!

 

キャットフード,ランキング,おすすめ

昔は、まだまだキャットフードを与える人が少なく、みそ汁や
残飯など人間の食べ物を与えていました。

 

人間の食べ物には塩分や調味料が濃いため、体にはきつ過ぎる
猫たちは早死にしていたかもしれません。

 

ただ、最近は猫専用のキャットフードを買う習慣が増えているので、
早死にはしなくなったようですが、アレルギーや皮膚病、ガンといった
症状が多くなっていると獣医さんは言います。

 

それは、日ごろから与えているキャットフードが原因なんです…。

 

でも、それではいけない!と愛猫のために新鮮は食材で必要な栄養が
摂れ、粗悪な食材を一切使用しないキャットフードも作られているのも
確かです。

 

猫は20年まで生きる事ができるのです!

 

今からでも遅くはありません^^

 

愛猫に必要な栄養を摂れ長生きしてくれるかもしれない
キャットフードを探してみるのも良いと思いますよ。

 

しかし、一つ一つ良質と言われているキャットフードを購入して
試すのも大変です…(;^_^A

 

もし、よろしければ私が実際に試して、良かったもの、メーカーさんの
こだわりを感じたキャットフードをランキング別に紹介させて
いただきます。

 

良かったら参考にしてみてください。

 

中には猫を20歳まで生きるためのキャットフードも紹介して
いますので、参考にしてみてくださいね♪♪

 

 

我が家の愛猫が喜んだキャットフード!

キャットフード,ランキング,おすすめ

絶対に長生きしてほしいから…、我が家では猫に
あったキャットフードを与えるようにしています。

 

愛猫にとって何が一番大切かを考えた時、
毎日のキャットフードにいきついたのです。

 

だから、値段で選ぶというよりは質を重視して猫が
長生きしてくれるキャットフードになりました。

 

猫は出されたキャットフードを何日かに分けて食べる事があります。

 

これは、別に問題はなく猫の気まぐれな性格が
出ているだけなので安心してくださいね♪

 

ただ、私たちが猫のためを思い新しく買ってきたキャットフードは
途中で放っておいたりする事はなく、本当に喜んで完食してくれて
います((´∀`*))

 

やっぱり、美味しさが違うんでしょうね!!
ポリポリ♪カリカリ♪食べる仕草が本当にかわいいですよ^^

 

私たちの家族になってくれたんだから1日でも長くいきてほしいですよね!

 

ということで、キャットフードランキングは

 

・食材や加工の質
・喜んで食べる
・愛猫の事を考えている

 

という内容に重点を置いて実際に購入し、猫の体調や食いつき
などを確認して紹介させて頂きます^^

 

それでは、我が家の猫が喜んで食べ、長生きのためにも必要な
栄養が豊富に含まれているキャットフードのランキングを
紹介させていただきますね!!

 

猫の負担になる穀類を使用していない『カナガンキャットフード』

キャットフード,ランキング,おすすめ

カナガンキャットフードを与えて、
驚いたのが異常なまでの食いつきでした!

 

というのも我が家の愛猫は、気まぐれすぎるほどの我がままで
機嫌が悪いとすぐにご飯を残してしまいます…(-_-;)

 

だから、数時間食べかけのキャットフードが器に残されているのですが
このカナガンキャットフードは違いましたΣ(・□・;)

 

出した瞬間に、ポリポリポリ…と美味しそうな音を
立てて食べ始め、あっという間に完食してしまったのです!

 

その勢いと姿を見ていた家族も「唖然…」としてしまいました♪♪

 

実は、このカナガンキャットフードは100%の猫ちゃんが食べた!
というほど、どの猫も喜んで食べてくれるフードなのです。

 

どうして偏食気味の猫でも好んで食べたかというと、
猫の味覚は人間よりも鈍感らしいのです。

 

特に甘味は感じないのですが、苦味と酸味には敏感に
反応するそうなのです。

 

で、キャットフードに含まれているタンパク質が傷んでしまうと
苦味がキツクなり、猫は嫌がります。

 

だから、良質なタンパク質を使用していない市販のキャットフードや
袋を開けて放置されていたフードは苦味が強くなり猫が避けるのです。

 

しかし、このカナガンキャットフードは良質なタンパク質を含んでいる
動物性原材料を70%以上も使っているので、猫も喜んで食べてくれます!

 

つまり、このカナガンキャットフードは良質な材料を使用し、
見事なまでの食いつきも実現し、愛猫の事を一番
考えてくれているキャットフードと言えるのです^^

 

多くの方の口コミや質問も確認する事ができますので、興味のある
方は下のボタンをクリックしてご確認してみてはいかがでしょうか。

 

キャットフード,ランキング,おすすめ

↓↓↓キャットフードランキング見事1位に輝いたカナガン!↓↓↓

キャットフード,ランキング,おすすめ

カナガンキャットフード

 

価格 容量 評価
3960円 1.5kg キャットフード,ランキング,おすすめ

 

□動物栄養学者と作ったプレミアムキャットフード『シンプリー』

キャットフード,ランキング,おすすめ

シンプリーは、動物栄養学者さんと共同で開発しただけあり、
猫に必要な栄養もしっかり配合されています^^

 

愛猫家の方も「20年一緒の目標に、私はごはんを変えました」と
口コミされているくらい本当に素晴らしいキャットフードだと
思います♪♪

 

シンプリーの特徴は、シニア猫でも食べられるように
低カロリーに作られています。

 

ただ、カロリーが低いので子猫や痩せすぎの猫には
不向きなのでその点だけちょっと気になりました(;^_^A

 

原材料は、カナガンキャットフードと並び良質なものを中心に
使用していて、アレルギーが気になっている猫にもオススメです。

 

良質な食材を使用しているだけあり、我が家の猫も
喜んで残さずに食べてくれましたよ^^

 

実際にシンプリーを試されている方の口コミでは、

 

・偏食気味の子でも、ペロッ!と気持ちよく食べてくれました!

 

・関節に良いとされているグルコサミンやコンドロイチンも
入っているので関節ケアに効果が期待できそうです。

 

・目ヤニや涙やけがきれいになりました!

 

というように、愛猫家も方も大喜びです((´∀`))

 

カナガンに次いで、かなりオススメですが10ヶ月未満の子猫ちゃんには
カロリーが低すぎるので、育ち盛りの猫は成猫になるまで
与えない方が良いかもしれませんね。

 

その点が気になったので、キャットフードランキングは2位と
させていただきました。

 

まだまだ、気になる口コミや効果など初回されているので
気になる方は下のボタンをクリックして公式サイトでご覧くださいね。

 

↓↓↓キャットフードランキング第二位のシンプリー↓↓↓

キャットフード,ランキング,おすすめ

シンプリー

 

価格 容量 評価
3960円 1.5kg キャットフード,ランキング,おすすめ

 

 

□世界最高品質を追及した『ファインペッツ』

キャットフード,ランキング,おすすめ

ファインペッツは、かなりこだわりを持って猫のために作られた
キャットフードです!

 

このキャットフードは人間でも食べる事ができるほど
新鮮かつ良質な原材料を使用しています。

 

しかも、放射性が当たりにくいとされているオーストラリアの
土地をわざわざ選び、そこで製造されているのです。

 

もちろん、防腐剤や添加物といったものは一切使用されて
いないので、愛猫も安心して食べる事が可能です^^

 

ファインペッツは、与える量を変えカロリーを考える事で
子猫からシニアまで食べる事ができるキャットフードなので
非常に便利だと言えます。

 

新鮮な鶏肉と鮭の香りが愛猫の食欲をそそる事
間違いなしです♪♪

 

実際、我が家の猫も喜んで食べていましたよ((´∀`*))

 

コチラのファインペッツは、まず試してみたいという方のために
1kgのお試しパックがお得な価格で購入する事ができます。

 

あなたの猫ちゃんの食いつきを試してみてはいかがでしょうか。

 

詳しい情報は下のボタンをクリックして公式サイトで
ご確認くださいねm(__)m

 

↓↓↓お試しパックが購入できる公式サイトはコチラ↓↓↓

キャットフード,ランキング,おすすめ

ファインペッツ

 

価格 容量 評価
2286円 1kg キャットフード,ランキング,おすすめ

 

いかがでしたでしょうか^^

 

どのキャットフードもランキング上位のものばかりで、無添加は
もちろんの事、愛猫に必要のない原材料は一切配合しておりません!

 

だから、良質なキャットフードが気になっている方は、1つずつ
試して愛猫に合うフードを探してみるのも良いかもしれませんね^^

 

いま、ウチの猫ちゃんにはカナガンキャットフードを食べさせて
いるのですが、体調はもちろんの事毛並みや便も綺麗になったので
本当に大満足です^^

 

やっぱり良質なキャットフードは猫に長生きしてもらうためには
欠かせないと感じました!

 

人間だってそうですよね!

 

毎日、コンビニ弁当やインスタントラーメンばかり食べていたら
すぐに病気になったり体の中から異変が発症し死につながる
場合があります・・・( ;∀;)

 

これ大げさではなく本当の事です。

 

だから、人間もそうですが猫にも安心して与えられる原材料や
加工を施してあるキャットフードを与えるくださいね!

 

猫は、サプリといったものから栄養を補給する事ができません、
元気な身体を作っているのはキャットフードの栄養からです。

 

つまり、猫はキャットフードからしか栄養を摂取する事が
できないのです!

 

ぜひ!良質な原材料ばかりを集めた
キャットフードランキングを参考にしてみてくださいね^^

 

そして、1日でも長く愛猫ちゃんを長生きさせて
ください!

猫に必要な栄養を補うためのキャットフードの選び方

スーパー、ドラッグストア、通販などでさまざまなキャットフードが販売されていますよね。

 

たくさんあるとどれを選んだらいいか迷いませんか。
キャットフードはどのように選んだらいいのでしょうか。

 

猫には猫が必要とする栄養素があります。

 

猫が必要とする栄養素は、水、タンパク質、脂質、ミネラル、
ビタミンなどです。

 

特に大切なのがタンパク質で猫は肉食動物なのでタンパク質を
必要としています。

 

タンパク質は消化されてアミノ酸に分解されてから吸収され、
体内で利用されます。

 

体内でうまく利用するためには、必須アミノ酸をバランスよく
摂取する必要があります。

 

必須アミノ酸が一つでも少なかったり摂取できていないと、
体内でアミノ酸をうまく利用できません。

 

猫が体内で合成できない必須アミノ酸が、タウリンとアルギニンです。

 

キャットフードは猫に必要な栄養素が配合されているので、
タウリンとアルギニンも入っていますが、購入の際はアミノ酸バランスにも
気をつけましょう。

 

炭水化物は糖質と食物繊維で構成されています。

 

糖質が多い食品が穀物ですが、猫は肉食動物なので穀物を
うまく消化することができません。

 

人間の場合は糖質がエネルギー源として重要ですが、猫の場合は
脂質とタンパク質からエネルギーを得ることができて、人間ほど
糖質は重要ではありません。

 

食物繊維は腸を刺激して腸の蠕動運動を活発にしたり、
便のカサを増やす働きがあり、消化管の機能を正常に保ちます。

 

脂質は1gあたり9kcalで、糖質とタンパク質が1gあたり4kcalなのに
比べると高エネルギーです。

 

エネルギー源として重要です。

 

ビタミンA、ビタミンEなど脂溶性のビタミンの吸収をよくするためにも
必要です。

 

猫は魚好きのイメージがあり、魚を多く与えていませんか。

 

魚にはDHAやEPAという不飽和脂肪酸が多く含まれていて、
与えすぎると皮下脂肪が変色して黄色脂肪症になることがあります。

 

ミネラルは体のバランスを保ったり、骨や歯など体を構成する栄養素です。

 

マグネシウムを与えすぎると尿道結石などの泌尿器系の疾患になる
恐れがあるので、マグネシウムの配合量に配慮しているキャットフードを
選びましょう。

 

ビタミンには体のバランスを整える働きがあります。

 

人間は体内でビタミンCを合成できないので、食事からビタミンCを
摂取する必要がありますが、猫はビタミンCを体内で合成することができます。

 

猫が体内で合成できないビタミンは、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンB1、
ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンDなどです。

 

成長段階も配慮してキャットフードを選びましょう。

 

幼児期は良質なタンパク質と多くのエネルギーを必要としています。

 

ベビータイプのキャットフードを1日3回程度与えます。

 

成長期にはベビータイプから仔猫用に切り替えをします。
1日2回ほど与えるの目安です。

 

7か月~7歳ころは成猫期で、この時期には成猫ようのキャットフードを
1日2回与えます。

 

成長期とは違いそれほど多くのエネルギーを必要としないので、
与えるカロリーに気をつけるようにします。

 

体重が増えてきたようなら、カロリーライトのキャットフードを
与えるのもよいでしょう。

 

食べすぎではない場合、普段与えているキャットフードの量を減らすと、
必要な栄養素が不足する心配があります。

 

そのため、カロリーをコントロールしたキャットフードを与えるようにします。

 

7~10歳は中年期です。成猫タイプやカロリーが少なめのキャットフードを与えます。

 

10歳以降は老齢期です。老齢期とはいっても、まだまだ元気に活動を
している猫もいます。

 

活動量によって必要なエネルギー量やビタミン、ミネラルなどの量が違うので、
体重、体型、活動量に合わせてキャットフードを与えます。

 

成猫用でよい場合もあれば、シニアように変更する必要がある場合もあります。

 

歯垢がつきにくい、種類別専用フード、妊娠・授乳用といったキャットフードも
あります。

 

猫の体調を見ながら、必要だと思われれば与えてください。

 

皮膚をかきむしる、軟便が続くといったアレルギー症状がみられる猫もいます。

 

アレルギーは魚や肉など食品に含まれるタンパク質に反応して起こることが
多いですが、中にはハーブや酸化防止剤、小麦や米などの穀物に
反応する猫もいます。

 

アレルギー物質を特定して、その物質を避けることが望ましいですが、
一つ一つアレルギー物質を調べるのは困難です。

 

獣医に相談をして対処をしましょう。

 

低アレルギー食を試して、本当にアレルギーなどのか診断をお願いしましょう。

 

同じキャットフードを与え続けて問題がないか心配される方もいると思います。

 

しかし、総合栄養食のキャットフードはこのフードと水を与えていれば
必要な栄養を満たせるので、同じキャットフードを与え続けても栄養面では
問題はありません。

 

ただし、今まで与えていたキャットフードが突然販売停止になり、
違うキャットフードに変更しなければならないことがあるかもしれません。

 

いきなり全部を切り替えるのではなく、同じメーカーのフードを
今まで与えていたもに少量混ぜて、便の状態や体調を見ながら移行をしていきましょう。

 

もちろん、猫の体の事を考えたキャットフードを
与える事で長生きしてくれるはずです^^

 

コチラのキャットフードランキングを参考にしてみてください。

 

 

愛猫に健康的に過ごしてもらう為に

 

猫、癒されますし可愛いですよね。猫をご自宅で
飼っているという方も多いと思います。

 

ペットと言えど家族同然の存在ですから、いつまでも元気に
健康的に過ごしてほしいもの。

 

飼い猫に愛情を持っている方は誰もが考える、ごく自然な思いです。

 

実は猫は元々とても太りやすい動物なんです。

 

高い所へも、ひょいっと飛んで登ったり猫は機敏で活発に
動けます。

 

そんな猫を見て運動神経がいいなと思う方もいるでしょう。

 

しかし猫は子猫時代こそ、よく動きよく遊んでいますが年齢を
重ねるごとに、のんびりと過ごすようになっていくのです。

 

なんだか人と少し似ていますね。

 

そして秋の初め頃から寒い冬に備えて、猫には脂肪が
蓄積されていくのが自然です。

 

けれど家の中で飼われている猫は外の様な厳しい自然の中で
体力を使う機会が無いので蓄積された脂肪が落ちることは無く、
そのまま太ってしまいやすいという事なんですね。

 

飼い主さんの愛情を受けてのんびり安心して暮らせているというのは
猫にとってもとても幸せな事と思います。

 

しかしそのまま太ってしまった猫は太りっぱなしのままは注意が必要です。

 

それぞれの猫に合った体型・体重に気を付けて目を配ってあげる事で
猫が長生きできることに繋がるからです。

 

我が家の猫は太っているのかな?と猫の肥満の目安が
わかりにくい方もいるんじゃないでしょうか。

 

猫の適正体重は個体の体型、骨量によって違いがあるので
猫それぞれかなり違いが出てくるのですが適正体重を
15%以上超えてしまうと体に悪影響が出るので肥満と判断される事になります。

 

飼い主側の私達が肥満だと判断しやすい方法があります。

 

猫の背をなでた時に背骨の上に脂肪を感じたり、脂肪に
埋もれてあばら骨が見つからなかったりしたら、すぐに
ダイエットが必要なサインです。

 

ただ大人のオス猫には頬から顎にかけての筋肉が発達して
顔が丸く見える場合がありますが、これは肥満ではないので
安心してくださいね。

 

お腹の皮膚がタルタルしているのも正常です。

 

引っ張た時に皮膚+少しの脂肪だなと感じる程度であれば
問題は無いです。

 

けれど中には見た目や触っただけではわからない隠れ肥満の
猫もいる事があります。

 

もし猫が肥満の場合で身体に問題が起こりやすく影響しやすいのは
成長期以降から中年にかけての時期なので、その時期までには
一度病院でレントゲンやエコー検査などを済ませておくと安心できますね。

 

さて猫の肥満の原因とはなんでしょうか。

 

一番の原因は必要な摂取カロリー以上に食べてしまう事です。

 

そして運動不足。猫によってはストレスから食べ過ぎてしまう場合も
あります。

 

中には太りやすい遺伝を持った体質の場合も。

 

不妊や去勢手術が住んだ猫はホルモンバランスが乱れて
太りやすくなります。

 

手術が住むと「性」という一つの欲から解放されて「食」という
欲に集中してしまうという訳なんです。

 

猫の皮下脂肪が増えてしまうと皮膚への栄養血管にも
負担がかかる事になります。

 

そうすると皮膚にできてしまった傷も治りにくかったり皮膚病にも、
かかりやすくなります。

 

そして肥満は重い体重が関節へも負担がかかります。

 

そうすると椎間板ヘルニアや関節炎になってしまうことも。

 

そうなれば猫は増々、動くことを億劫がるので更に肥満は
加速していってしまうことになります。

 

その他にも便秘や腫瘍が出来やすくなるとも言われています。

 

猫の肥満を知って行けば行くほど飼われている猫が
肥満だとしたら心配になってきてしまいますよね。

 

けれど心配や不安な気持ちから急激なダイエットを始めるのは、
とても危険です。

 

急に猫の食事の回数を減らしたり自己判断ではなく、
しっかり獣医師の指導を受けながら長期戦で愛猫と共に
ダイエットに取り組んでいく事が大切です。

 

今は我が家の猫は肥満ではないけれど普段から猫が肥満に
ならない様に気を付けるべき事はあるでしょうか。

 

勿論、普段から肥満予防の為に出来る事ありますので
参考にしてくださいね。

 

太りやすい猫は食いしん坊な猫が多いので出された食事を一気に
食べてしまうんです。

 

よく噛んで食べないと太ってしまうのは人と一緒なんです。

 

なので猫が一気に食べてしまわないような工夫をしてみましょう。
猫の前足程のスペースの入口が狭めの入れ物に猫の食事を
入れるという工夫も良いでしょう。

 

そして関節に負担が無く循環器系に異常が無い猫、
高齢ではない猫ならば今まで以上に猫が身体を動かしたくなるような
遊びに誘ってあげてみるのも良いですね。

 

ただ猫は長時間動き回るのが得意ではないので時間は
1回15分程度を1日2、3回程度にしましょうね。

 

愛猫に健康的に過ごしてもらう為に飼い主さんが
普段から出来る事は必ずあります。

 

今回お話しした猫の肥満を予防してあげたり対策を
取ってあげる事も愛猫への愛情にもなります。

 

飼い主さんの愛情は必ずどんな時も猫に伝わっているはずです。

 

今まで同様、またそれ以上に愛情をたくさん注いで、
猫と共に一緒に長く元気に過ごしていきましょう。

 

そして、長生きしてもらうためには
良質なキャットフードを与える事が大切です。

 

コチラのキャットフードで体に良い成分を
摂取させてくださいね!

 

 

 

 

キャットフードの与え方について

今回はキャットフードの効果的な与え方について
ご説明いたします。

 

猫ちゃんを健康に育てていく上で、キャットフードは
とても大切です。

 

ご飯の与え方一つで寿命が数年変わってしまうことも多々あります。

 

最近のキャットフードは高品質で、非常に安心な物ばかりとなってきました。

 

ですので市販されているものでも「よっぽど」ではない限り
与えてしまってはいけないものはありません。

 

ですが、キャットフードは非常に高カロリーなことをご存知でしょうか?

 

例えばドッグフードと比べても数倍のカロリー数な事が多々あります。

 

これでは猫ちゃんが欲しがっている時に毎回与えてしまっては
どんどん太ってしまうのは無理ないですね。

 

その為、ご飯をあげるのは 朝・昼・晩 など必ず回数を
決めておくのが賢明です。

 

どうしてもねだられると可愛くてご飯をあげてしまいたくなりますが、
ここは心を鬼にする必要があります。

 

全ては愛する猫ちゃんの為だと思って我慢しましょう。

 

さて、キャットフードにも沢山種類があります。

 

・総合栄養食
市販されている多くのドライフードがこれに当てはまりますね。

 

通常はこのようなドライフード+缶詰などの組み合わせで
餌を与えている方が多いのではないでしょうか。

 

総合栄養食にも値段はぴんきりで様々な種類があります。

 

安かろう悪かろうではありませんが、やはり値段が高いものほど
高品質で安全性も高くなります。

 

又、猫ちゃんは非常に飽きやすい性格でもあります。

 

なのでいつも同じものをあげるのではなく、たまには種類を
変えてあげてあげるのが良いと思います。

 

・おやつ、スナックなどの商品
主食とは違い、間食としておやつ感覚であげるものがこれに値します。

 

これは頻繁にあたえすぎないほうが良いでしょう。

 

猫ちゃんの食欲は増しますが、それだけ添加物やカロリーが
高いものも多いからです。

 

なるべくなら、一日一回以上はあたえないようにしましょう。

 

散歩の後に1つ、などと決めてあげると生活リズムが出来て良いと思います。

 

・キャットフードの品質管理
猫ちゃんはとにかく「新鮮」なものを好みます。

 

なので封を開けて暫くしたキャットフードや缶詰は口にしないこともしばしば、、、

 

なので、ご飯を保管する場所は とにかく陽の当たらなく、涼しい場所が
ベストでしょう。

 

それでも品質はどんどん低下してしまうので一度封を開けたら
1週間ほどで使い切ってしまうのがベストです。

 

又、そんな品質が低下してしまったものも再び食べてくれることが
有りますが、それは「温めて」提供すること。

 

猫ちゃんは「猫舌」と言われていますが、熱いものではなく
温かいものは大好きなんです。

 

なので、どうしてもご飯を食べてくれないときは温めてから
出してあげると、意外と食いつきが良くなったりしますよ。

 

「オススメの商品のご紹介」

 

ここからは、私のオススメのキャットフードをご紹介します。

 

・銀のスプーン 三ッ星グルメ
どの猫ちゃんにも反応が良い、バランスのとれたドライフードです。

 

味の種類も豊富で日によって変えられるのもポイントです。

 

ひとつひとつ個包装になっているので鮮度も保てるのがいいですね。

 

「腎臓の健康維持用」「成長段階用」など、成分がそれぞれの目的に
合わせた作りになっていて、本当に種類が豊富です。

 

私が一番お勧めするドライフードになります。

 

・いなばペットフード|CIAO ちゅ〜る シリーズ
こちらは既に非常に有名でご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

どの猫ちゃんも大好きなシリーズです。一般的なドライフードでは
無くチューブタイプの商品になるので、おやつ感覚であげる物になります。

 

このチャオちゅーるは、ご飯を食べない猫ちゃんの食欲を増す
起爆剤として本当に有効です。

 

どんなにご飯を食べたがらなかった猫ちゃんでも、
これをかけてあげれば一気に食欲が回復しますよ!

 

・シーバ とろーり シリーズ
こちらもCIAO ちゅ〜ると同じくウェット系の商品になるので、
おやつに分類されます。

 

いなばペットフード|CIAO ちゅ〜る と大きく異なる点は、
成分ですね。

 

こちらの方が体に優しい作りになっています。

 

お値段は少々お高いのですが、より頻繁にウェット系のおやつを
あげる機会がある方は、こちらのシーバ とろーりシリーズをオススメします。

 

・ドリーミーズ シリーズ
最後にこちらの商品をご紹介します。

 

こちらもおやつになるのですが、どの猫ちゃんの食いつきが非常に良いです。

 

中はトロっと外はカリッとなカリカリ系のおやつです。

 

こちらの商品が非常に良いところは、非常に栄養バランスが取れていること。
これだけで主食としても代用できますし、お値段も控えめです。

 

総合的に見て、ドリーミーズ シリーズ 非常にオススメです!

 

以上、猫ちゃんのご飯についての説明と、与え方でした。

 

ただ、先ほども説明させていただきましたが
ペットショップやホームセンターで売られている
キャットフードは低価格のものばかりです。

 

しかし、低価格でも店側はきちんと利益を
出しています。

 

という事は、どれだけキャットフードのコストを
抑えているのか?

 

大切な猫が毎日栄養分として食べている
キャットフードがどれだけ粗悪なのか考えた
だけでも怖くなってしまいます。

 

だから、少しでも良質なキャットフードを
食べさせてあげたいと思っているのでしたら
こちらのキャットフードランキングを参考してください。

 

猫の体調や毛並み、うんちの質がグッと
上がるはずです。

 

今回の記事が、皆様の猫ちゃんのさらなる
幸せにつながれば幸いです。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

その子の健康は大丈夫?健康な猫の特徴と見分け方

あなたは今、これからどんな新しい家族が増えるか楽しみで
仕方がないのではないでしょうか。

 

ペットショップや知人の紹介などで、運命の子に出会えた時は
ワクワクが止まらないでしょう。

 

でも、ちょっと待ってください。その子の健康状態はどうでしょう?はてさて、
どこに注目してチェックすればいいのでしょう?

 

今は分からなくて結構です。

 

これから、将来の新しい家族の為に一緒に勉強していきましょう!

 

まずは外見チェック!

 

ネコも人間と同じ生き物です。

 

体調が悪ければ外見の様々なところに異常が現れます。

 

あなたが飼い主になった時にも必要な知識となりますので、
ここは最低限押さえておきましょう。

 

◇目

 

輝いた目をしていますか?健康なネコはしっかりと力のある目をしています。
逆に、異常のある場合は、力のない弱った目をしています。人間と同じですね!

 

また、目やにがついていたり、涙の量が多かったりする場合も
目の病気が疑われます。

 

ただ、茶色い乾いた目やには健康なネコならだれでも出るものですから、
それ以外の白っぽい・黄色っぽい(膿のような)目やにが見られたら要注意です。

 

◇鼻

 

適度な湿り気を帯びていますか?基本的に起きているネコの鼻は濡れています。

 

しかし、発熱していたりして脱水状態になると鼻は乾いてきます。ネコの鼻が
乾いていたら何か異常が起きている証拠です。

 

また、必要以上に濡れている・鼻水が出ている場合も体調の悪化が
原因の場合が多いです。

 

◇口

 

口臭がキツくないですか?歯茎がやけに赤いと感じませんでしたか?

 

当然ですが、ネコも歯周病になるんです。若いうちはあまりありませんが
2歳以降から歯石が付き始めると言われています。この歯石が原因で
口内炎にもなるそうです。

 

また、他にも口臭が強くなる原因として腎不全が考えられます。

 

これも高齢のネコに多い病気ですが、気に留めておく必要が有ります。

 

◇耳

 

耳から不快な臭いはしませんか?黒い垢がたまっていませんか?

 

耳から臭いがして痒がるようなら、耳炎の疑いがあります。

 

外耳炎は外見で分かりやすいので、キチンと見てあげればすぐに
気付くと思います。

 

しかし、中耳炎や内耳炎は外側からでは分かりづらく、放っておくと
炎症が脳まで達し重傷となることがありますので、注意が必要です。

 

また、黒い乾いた垢がたまっていたら耳ダニの疑いがあります。

 

ネコの耳ダニは繁殖力が強いので、早期発見が重要となります。

 

耳を必要以上に掻いていないかチェックしましょう。

 

◇おしり

 

基本的にはネコは自分でおしりを舐めてキレイにするのですが、毛が長いネコや
太っているネコは自分でキレイにすることが難しい為、汚れたままになりがちです。

 

そのままにしておくと、炎症を起こし肛門の病気にかかってしまいますので、
ネコの種類によっては注意する必要があります。

 

◇毛並

 

鮮やかで艶のある毛をしていますか?

 

ネコは非常にきれい好きな動物です。よく自分で毛を舐めたりして
ケアをしているのをご覧になると思います。

 

体調が悪いとそういったこともしにくくなり、色艶が悪くなっていきます。

 

続いて行動をチェック!

 

◇歩行

 

2ヶ月を過ぎると安定した歩行ができるようになります。

 

跳んだり走ったりしている姿を見ながら、違和感が無いかどうか
確認しましょう。

 

腰骨の動きに注目すると見やすいかもしれません。

 

片方だけに偏った動き方をしていないか等、気になる点はチェックしましょう。

 

◇興味

 

ネコの本能として、動くものには興味を示します。ねこじゃらしや動くおもちゃなど
ネコの気を引きそうなもので確認してみましょう。

 

中には性格的に人見知りだったり引っ込み思案だったりするネコもいるので、
一概に興味を示さないから病気であるというわけではありませんのでご心配なく。

 

活発な子もおとなしい子もそれぞれに魅力がありますので、
その子の性格を大切にしてあげてください。

 

◇毛づくろい

 

自分で自分の毛づくろいをすることをセルフグルーミングと言います。

 

これは毛並をそろえることに加え、皮脂を全身へと広げ保温防水効果を
高めるという目的もあります。

 

体調が良くないネコはセルフグルーミングを行わなくなる傾向が強いことから
体調管理のバロメーターとしても注目されています。

 

ただこれも、普段からしないネコもいるので、個体差があることは
認識しておいて下さい。

 

まとめ

 

色々チェックポイントをまとめましたが、基本的にはネコも人間と同じ「生き物」です。

 

弱っていたり異常があれば、何かしら違和感を感じるサインを出しています。

 

そこに少しの知識を加えて観察するだけで、よりその子の健康状態を詳しく知ることが
できます。喋れない分、こちらが汲み取ってあげることが必要ですね。

 

ペットショップに並んでいる子たちは基本的にきちんとした管理のもと生活しています
ので、上記のような症状は見られないと思いますが、もし気になる点があったら
すぐにお店の人に確認してみましょう。

 

そこで丁寧な回答が得られなかったり、はぐらかされるようであれば、
そこで探すのはやめましょう。

 

残念なことに質の悪い管理で営業しているお店があることも
事実ですので、きちんとしたお店で安心して探すことが
あなたにとっても、未来の家族にとっても良いことだと思います。

 

では、素敵な家族に巡り合えますように!

 

そして、新しい家族である猫ちゃんが増えたら
1日でも長生きできるように、良質なものばかりを
そろえたキャットフードランキングからお選びください。